背中の痛みに効く肩甲骨はがし整体とは?

慢性的な症状や急性の症状の背中の痛みや筋肉のこり、ハリなどの辛い背中の症状には肩甲骨はがしが有効です。

自分でできるセルフストレッチの肩甲骨はがしもありますが、ここでは1つの整体法としての肩甲骨はがしについてご紹介していきます。

 

背中の痛みと肩甲骨の関係性

肩関節は体の関節の中でも自由度(可動域)の大きい関節なのでいろんな角度に動かすことが可能です。

そのため、肩周りにはたくさんの筋肉があり肩や首、背中から腰まで、体の背中側にある筋肉の多くは肩甲骨という背中の両側にある骨を中継地点として引っ付いていて、首や肩関節、腰を動かす上で重要なポイントです。

背中に痛みがある場合、この肩甲骨の動きが悪くなっていることがほとんどで、首の痛みや四十・五十肩がなかなか治らないのも肩甲骨が関係しています。

 

肩甲骨の動きが悪いとどうなるの?

肩甲骨の動きが悪くなると、姿勢が崩れて肩甲骨が両側に開いて猫背の姿勢になってしまいます。

こうなると背骨周りの筋肉や肩甲骨との間にある菱形筋という筋肉が引っ張られて痛みやこりツッパリ感を感じるようになります。

肩甲骨の動きが悪くなったり筋肉が硬くなったりすることで、背中の痛みだけでなく肩関節や脊柱の動きも悪くなってしまい肩こり、寝違え、四十肩、五十肩といった症状がおこってしまいます。

 

肩甲骨はがしとは?

肩甲骨はがしとは、本来は背中を滑るようにスライドするはずの肩甲骨の動きが悪くなって筋肉が硬く肩甲骨が背中(肋骨)にへばり付いてしまっている状態を剥がすようにすることから肩甲骨はがしと言われています。

肩甲骨が正常に動いているかいないかは肩周りに症状に大きく影響していて、固まって動きの悪い肩甲骨を背中からはがしてやることで肩周りの症状を改善していこうというのが肩甲骨はがしの目的です。

 

当整体院で行っている肩甲骨はがし整体

廣井整体院で行っている肩甲骨はがし整体をご紹介していきます。

当整体院では施術の前にまず肩の上がり具合を検査でチェックしていきます。

この検査では、肩関節の可動域検査(正常に動いているかのチェック)を行います。

 

検査が終わったら横向きで寝て、肩甲骨と背中(肋骨)の間に指を入れたり肩甲骨を動かして動きを良くしていきます。

肩甲骨は大胸筋という胸の前の筋肉にも引っ張られやすく、そのせいで猫背の姿勢にもなりやすいので後ろ方向に軽く引っ張って伸ばしてやります。

この大胸筋の筋肉が緩むことで肩甲骨が移動して胸が張れるようになります。

 

施術が終わったら、もう一度可動域検査をして肩関節や肩甲骨に動きが出ているかチェックして終了です。

 

当整体院の肩甲骨はがし整体はこちら↓

 

まとめ

背中の痛みと肩甲骨の関係性や肩甲骨の動きをよくしなければならない理由や重要性がお分かりいただけたでしょうか?

背中の痛みのお悩みでしたら我慢せずに信頼できる治療院で施術を受けてみてくださいね。

 

もし、当整体院で施術を受けてみたいと思われたら今すぐご相談ください。

あなたからのご連絡お待ちしております。

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」和歌山の整体 廣井整体院

 

背中の痛みについてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

 

背中の痛みで悩んでいた患者さんからの喜びの声をご覧ください!

同じ症状で悩むお客さまの声

通うまで痛み止めの薬などでごまかしてた人に、ぜひ行ってもらいたい所です

先生の「治ります」の一言が大変心強く頼もしいお言葉でした。

 

K・T様

先日から、首と肩、背中に痛みがあり、ホームページを見て、通院させて頂きました。この痛み治るんかなと、毎日不安に過ごしていたので、先生の「治ります」の一言が大変心強く頼もしいお言葉でした。お言葉通り、通う度々、良くなっていくのが実感しております。
自分の様、通うまで痛み止めの薬などでごまかしてた人に、ぜひ行ってもらいたい所です。

信頼できる先生です

丁寧に説明して頂けたので、助かりました。

 

Y・S様

和歌山市に引越してきて数日後の朝起きると、背中から肩の痛みが出て、どうしようもなく、インターネットで見て、こちらの接骨院を受診しました。通院して痛みはもちろん、元々悪くて気になっていた腰の反りについても、施術して頂き、その度に丁寧に説明して頂けたので、助かりました。信頼できる先生です。また、調子が悪くなったらお願いします。

症状について詳しくはこちら

背中の痛み

関連記事