脊柱管狭窄症の症例(その3)

お客様

男性 30代 公務員 和歌山市在住

来院

2018年 2月

症状

3年位前から左おしり付近からふくらはぎ外側の痛みとだるさがあり、座っていると悪化する。(しびれはなし)

1年前に整形外科のMRI検査で、脊柱管狭窄症で腰椎5番の左側が狭くなっていると言われた。

その後は、整骨院で電気やマッサージなどを受けていたが良くならず、特に仕事中に座っている時に感じる痛みやだるさが気になることに困っていて、同じ職場の同僚に話したところ当院の事を紹介してもらい来院。

治療内容と経過

初見時、SLRテストやケンプテストなど脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアの検査を行った所、すべて陰性であったことから、まず神経根症状ではないと考えた。

次に、体全体のゆがみや筋肉の状態をチェックした所、両肩外転、左広背筋、左中殿筋、左腓腹筋、右膝関節、右足関節に可動域制限や筋緊張が顕著に見られたことから体のゆがみからくる左下肢の血流などの循環不足によって筋肉に十分な酸素が供給されていないことが原因であると考えた。

 

まず、初回は頸椎調整と骨盤調整で体のゆがみを整えて終了した。

2回目の施術から体液循環調整と左下肢MTを行ったところ3回目の施術で左お尻の痛みとだるさが改善し始めた。

5回目の施術で足のだるさの感じが当初100だったのが20くらいにまで軽減したと報告を受けた。

8回目の施術で、左お尻の症状は消失し、あとは左ふくらはぎ外側のだるさが少し残る程度までに改善した。

H30 4/12現在、あと数回経過を見て卒業予定。

同時に治療した症状

特になし

施術方法

頸椎調整 骨盤調整 体液循環調整 下肢MT

考察

この症例は、脊柱管狭窄症だと整形外科では診断されていたが、当院の見立てでは検査や状態から判断して、脊柱管狭窄症からくるものではなく、体の歪みからくる循環不足によって起こっている症状であると考えて施術を行った結果、症状改善に導くことが出来た。

 

この症例のように受けた診断と症状や状態が違う事や時間の経過とともに原因や症状が変わっていく事もあるので、先入観を持たずに検査、施術する事が重要であると再確認した症例であった。

同じ症状で悩むお客さまの声

整形外科や整骨院では良くならなかったお尻とふくらはぎの痛みやだるさが良くなりました。

約3年ほど前から左臀部付近及び左ふくらはぎ(外側)のダルさを感じるようになりました。

当初は時折感じるぐらいだったので、週に1回ほど近所の整骨院に行きメンテナンスを行うだけで症状は改善していました。

 

ところが約1年前ぐらいから上記部位のダルさが増強し、週に2回は整骨院に行かないとダルさで日常生活にも異常をきたすほどになってしまいました。

 

このままではまずいと思い、様々な整骨院に行き施術を受け、整形外科に行きMRI検査を受けました。

しかし、結果はすべて同じで、一時は楽になるのですが、時間がたてばダルさに苦しめられました。

 

このままダルさと整骨院通いの生活を続けていくのだろうなと半ば諦めていたとき、職場の同僚に「一度ダマされたと思って行ってみて下さい」と廣井整体院を紹介されたので、内心「結果は同じだろう」と思いながら行くことにしました。

 

初診時、「神経的な症状ではない、絶対に治りますよ」との言葉を言われ、感銘を受けました。

 

ていねいな問診の後、ものすごくソフトな施術を受け、終了。

その時は、「えっ、嘘やろ」と思いました。

これは効果ないかもなあと思い帰宅。

 

翌日、背中、腰部、左臀部に痛みが…。

まさか、これが「好転反応」かと思いました。

痛みを我慢し、次の日、嘘のように左臀部の痛みがなくなっていました。

 

しかしその痛みは2日やそこらで再発するものではなく、次の施術日まで発症しませんでした。

そして、施術を受けるたび、どんどん良くなっていくのが実感できるようになりました。

 

同じ痛み、症状で悩んでいる方がいたら、本当に一度廣井整体院を訪れてみて下さい。

もしかしたら、「あー、すぐここに来といたら良かった」と思う結果が待ってるかも。

生駒 悦也様 30代 公務員 和歌山市在住

症状について詳しくはこちら

脊柱管狭窄症

関連記事