四十肩・五十肩の症例(その6)

患者

女性 50代 和歌山市在住

 

来院

2016年5月

症状

半年くらい前から左肩から腕にかけて痛みを感じ始め、特にどこかで治療を受けることもなく自然に治るだろうと様子を見ていたが徐々に症状が悪化。

後ろに腕が回りにくくなってきたのでこれはまずいと思いインターネットで調べてと運のことを知り来院。

その日によって痛みの場所が微妙に違い、服を着るときに痛くて袖を通しにくい状態。

 

治療内容と経過

肩関節と周囲の筋肉の検査を行ったところ、主に三角筋に痛みがあり、上腕三頭筋や大胸筋、回旋系の筋肉の拘縮があった。

まず、頚椎調整と骨盤矯正で全体的なゆがみを整え、左肩関節調整と筋肉の調整を行ったところ、徐々に痛みが改善し5回目の施術で筋肉の張りはあるが痛みはほぼ感じない程度にまで改善した。

その後、めまいの症状が出たのでそれも含めて経過を見ながら施術を行い14回目の施術で左肩の症状やその他の症状も消失したため治癒とした。

同時に治療した症状

めまい 肩こり

施術方法

頚椎調整 骨盤矯正 肩関節調整 肩関節MT めまい調整

 

考察

この症例のように治るだろうと様子を見ていたが良くならずに来院される方は多いが、四十肩・五十肩はそのほとんどが特に思い当たる原因がなく始まるので肩周辺の痛みで2週間以上痛みが続くようならできるだけ早く治療を受けるべきだと考える。