自律神経失調症からくる喉の違和感、異物感や喉が詰まる感じの対処法

あなたは、自律神経失調症からくる喉の違和感、異物感や喉が詰まる感じがする症状にお悩みで、そもそもなぜ自律神経失調症で喉の違和感や異物感、詰まり感が起こるのか?

何か喉の違和感、異物感や喉の詰まり感を軽減させる方法はないのか?お調べではありませんか?

このページでは、その疑問や症状に対する対処法をわかりやすく解説おりますので、ぜひ最後まで読み進めてみて下さい。

 

自律神経失調症とは?

人間の体を構成する各器官(心臓・肺・血管・消化器系・腎臓・肝臓・子宮・内分泌線など)は、交感神経と副交感神経という2つの神経によって支配されておりこれらを自律神経と言います。

各器官は、この2つの神経の二重支配を受けながら恒常性を維持(ホメオスタシス)しています。

ホメオスタシスをわかりやすく説明すると、冬の寒い日はブルブル身震いをして体温を上げようとし、夏の暑い日は、汗をかいて体温を下げとようとしたりするようなことです。

このように、私たちの体には外部の環境変化に対して体の内部状態を一定に保って安定させようする調節の仕組みがあります。

汗や体温の調節、血圧、呼吸、心臓の動き、食べ物の消化など人間にとって重要な活動が、自律神経がうまくバランスを保ち働くことで調節されています。

しかし、なにかしらのきっかけで自律神経のバランスが乱れうまく調節できなくなった場合、いろいろな心体的な不調があらわれることがあります。

これを一般的には自律神経失調症と呼んでいます。

 

なぜ、自律神経失調症で喉の違和感、異物感や喉の詰まる感じが起こるのか?

喉の違和感、異物感や喉の詰まる感じがあって、検査をしても食道がんや喉頭がんなど喉自体に異常がない場合は自律神経失調症などが原因候補として考えられます。

喉の違和感や異物感、飲み込みづらさや喉の詰まる感じは、喉にある上咽頭収縮筋(じょういんとうしゅうしゅくきん)や中咽頭収縮筋(ちゅういんとうしゅうしゅくきん)の筋肉が緊張して硬くなることで起こります。

これらの筋肉は交感神経が過剰に働くことで緊張し硬くなりますので自律神経が乱れて交感神経の働きすぎる事で起こると考えられています。

また、交感神経が緊張しすぎると、喉が狭窄(狭くなる)する感じがあり、これは息苦しい感覚にもつながります。

また、自律神経が乱れることで、喉の咽喉頭神経が誤作動を起こすということも考えられます。

 

自律神経失調症で喉の違和感、異物感や喉の詰まる感じの対処法

では、次に自律神経失調症で喉の違和感、異物感や喉の詰まる感じの対処法をご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、腸をマッサージすることで自律神経を整える方法です。

あなたは、脳腸相関という言葉をご存知でしょうか?

脳腸相関とは、脳と腸がお互いに密接に影響を及ぼしあうことを示す言葉です。

例えば、ストレスを感じるとお腹が痛くなり、便意をもよおします。

これは脳が自律神経を介して、腸にストレスの刺激を伝えるからなのです。

これからご紹介する腸マッサージは、逆に腸をマッサージすることで、自律神経や脳に良い刺激を与えて整える方法です。

 

まず膝を曲げて仰向けに寝ます。

仰向けに寝たまま、お腹の上に、おへその上辺りですね。

手を当ててゆっくりと深呼吸。

鼻から吸って、口から吐く深呼吸を3回行ってみましょう。

3回、深呼吸ができたら、おへその周りを時計周りにゆっくりと、おへそ周りを時計回りに撫でる様にさすってやります。

これは徐々に大きくしていく感じですね。

肋骨の付近まで来たら今度はまた、おへその中心に向かってさすっていきます。

これを2分から3分行ってみてください。

 

2分から3分おこなうと、お腹の周りが温かくなってくるような感じがすると思います。

それが終わったら今度はおへそ周りですね、軽く指で押さえてみて、硬いところや、押さえて少し痛いところがあれば、その部分を指で押してさするように刺激を加えます。

これはあまり、ぎゅーっと強く押しすぎなくてOKです。

イタ気持ち良い感じですね。

そういった箇所が何箇所かあるはずなので、何箇所か探してやってみてください。

それが終わったら、さっきと同じようにおへその周りを時計回りにゆっくりと大きくさすっていきます。

これも2~3分行ってみましょう。

終わったら、さっきと同じようにおへそに手を置いて、深呼吸を3回繰り返して終了です。

これを、朝昼晩の1日3回行います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

喉の違和感、異物感や喉の詰まる感じは、まず喉自体に異常がないかを検査してもらうことが第一段階です。

喉に異常がなく自律神経失調症である可能性が高い場合は、今回ご紹介した腸マッサージを行ってみてください。

ただし、この腸マッサージを続けても全く変化がない場合や出来るだけ早く症状を改善させたい場合は、自律神経失調症を診てくれる治療院で治療を受けるようにして下さい。

 

もし、当院で施術を受けてみたいと思われたらぜひご連絡ください。

 

 「施術の前後で体の変化が体感できる」和歌山の整体 廣井整体院

 

自律神経失調症の治療についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

自律神経失調症で悩んでいた患者さんからの喜びの声をご覧ください!

同じ症状で悩むお客さまの声

一生治らないものだと思いこんでいた頭痛、吐き気が楽になりました。

肩こりがひどく、頭痛、吐き気で仕事が出来なくなり、悩んでいました。
病院に行っても、あまり話はきいてくれず、痛み止めを出してくれるだけで、この頭痛、吐き気は一生治らないものだと思いこんでました。
でも、廣井整体院に初めてきた時、先生に「必ず治るから、一緒にがんばっていこう」と言ってくださり気持ちがとても楽になりました。
今では吐き気はおさまり、頭痛も前にくらべて少し楽になった気がします。
先生がいつも丁寧に説明、施術してくださる事、とても感謝しております。

玉置様 23歳 女性 頭痛・吐き気・めまいにお悩みで来院された患者様

・どこに行ってもなかなか治らない長年の肩こりが良くなってきました。

どこに行ってもなかなか治らない肩こりに長年悩んでいましたが、紹介された廣井整体院に行くとだいぶ症状が軽くなりました。

曲げにくかった首も今ではしっかり動くようになって行く度に調子がどんどん良くなっています。

これからも宜しくお願いします。

 

※あくまで個人的な感想なので効果を保障するものではありません。

 

M.Yさん 25歳 学生 女性 肩こりと寝違えで来院された患者様

親切、ていねいに施術を頂き、又親身にアドバイスをしてくれたのでよかったと思います

K・Y様

親切、ていねいに施術を頂き、又親身にアドバイスをしてくれたのでよかったと思います。

又、次回不具合があれば来院したいと思います。

ありがとうございました。

症状について詳しくはこちら

自律神経失調症

関連記事