変形性股関節症で足の付け根や内側が痛い原因と効果的なストレッチ

あなたは、変形性股関節症からくる歩く時や立っている時、階段や坂道の昇り降りの時の足の付け根や内側の痛みや関節可動域制限(関節の硬さ)にお悩みで、その原因と何か効果的なストレッチ方法は何かないか?とお探しではありませんか?

このページでは、変形性股関節症で鼠径部、股関節の内側が痛い原因と外側に開きづらいなど関節可動域制限がある時に効果的なストレッチ方法ご紹介していきます。

 

変形性股関節症で鼠径部、足の付け根や内側が痛い2つの原因

変形性股関節症で鼠径部、足の付け根や内側が痛い原因は大きく分けて2つあります。

まず1つ目が、関節の炎症による痛みです。

股関節の変形の程度で段階があり、初期の段階では関節の隙間の狭小化が起こり、さらに進行して末期に移行すると、関節の中や周囲に骨棘とよばれる異常な骨組織が形成されたり、骨嚢胞と呼ばれる骨の空洞ができたりします。

その過程で、関節に炎症が起こることで痛みが現れます。

 

2つ目が、股関節周辺の筋肉の痛みです。

股関節周辺の筋肉でも内側や足の付け根では、特に内転筋群という脚を内側に引き寄せる筋肉や腸腰筋という股関節を前に曲げる筋肉に伸縮性の硬さや血液循環の滞りがあると太ももの付け根の内側から少し外側に痛みが出ます。

 

鼠径部、股関節の内側や足の付け根の筋肉に効果的なストレッチ方法

では、鼠径部、股関節の内側や足の付け根の筋肉に効果的なストレッチ方法をご紹介しいていきます。

今回のストレッチを試して頂くうえでの注意点ですが、必ず強い痛みを感じるまでしないという事。無理をし過ぎると余計に痛くなったりすることがあるので絶対に無理せずに痛みを感じるようならすぐに中止してください。

筋肉が伸ばされてイタ気持ちいいぐらいの感覚で行ってください。

 

では、ストレッチ方法をご紹介していきます。

 

まず椅子に浅く腰掛けて、肩幅より広い1.5倍くらいに足を開いて股関節の開けるところまで開きます。

いっぱいまで開いたら足先を出来るだけ外に向けます。

その向けた足先の方向に膝の方向も合わせるように一直線に座ります。

 

股関節の内側に硬さがあるとこの時点で結構左右差があったりしますが開く範囲でOKなので、無理はしないでください。

いっぱいまで開いて足先と膝が同じ方向にむけてもらったら膝の部分に手を当てて、つっかえる様に肘を伸ばします。

 

この状態から上半身を少し前に倒してやって膝を斜め後ろ方向に押していくように力を加えて行きながら骨盤を起こしていきます。(背中を反らせるように骨盤を押していきます。)

そうするとストレッチが出来ていれば鼠径部、股関節の内側が伸びているのが感じられると思います。

これを20秒から30秒キープします。

 

これが出来たら、次に先ほどより少し足を閉じて肩幅ぐらいに開いて足を内、外、内、外に5回動かすのを繰り返してもらいます。

これを1セットとしてまず3セットおこなってみましょう。

 

この時点で結構ストレッチ伸ばされている感覚が感じられればそれでOKですが少し物足りない、もう少し余裕がある方はこれからするストレッチを試してください。

 

やり方は先程と同じように足先と膝先を同じように開いて股関節を開いていきます。

ここまでは先程と同じですが今度は左の股関節、鼠径部を伸ばしていきますが、体の上半身を右に捻っていきます。

この時に左に突っ張る力を更に強めていきます。そうすることで内もも、鼠径部の内転筋­の筋肉が伸ばされているのが感じられると思います。

これも20秒から30秒おこなって先ほどと同じように足を閉じる開くを5回行います。

これも3セット行ってみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、今回ご紹介したストレッチを継続して行って経過を見て頂けたらと思います。

でももし、ストレッチが出来ないほど股関節に痛みがある場合や関節の可動域制限が強い場合、または今回ご紹介したストレッチを2週間試しても効果がみられない場合は、ご自分の努力だけでは回復の見込みが少ないかかなり時間がかかってしまうので、信頼できる病院や治療院で治療を受けることをお勧めします。

 

廣井整体院では、変形性股関節症からくる足の付け根や内側の痛みの症状に対して、股関節や周辺筋肉の治療はもちろん、首と骨盤のゆがみやねじれを無痛の整体法で調整し体のバランスを整える方法で症状の根本改善を目的に施術しています。

 

もし、当院で施術を受けてみたいと思われたらぜひご連絡ください。

 

「施術の前後で体の変化が体感できる」和歌山の整体 廣井整体院

 

☎073―423-6751

 

変形性股関節症の治療についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

 

変形性股関節症の症状で悩んでいた患者さんからの喜びの声をご覧ください!

同じ症状で悩むお客さまの声

「来てよかった、助かった・・・」皆さんの感想の通りでした。

先生の温かい笑顔と「熱い」手に癒されお陰様で快方に向かってきました。

 

慣れない親の介護などのストレスからか精神的にも身体的にも疲労困憊し悲鳴をあげている状態でした。

そんな時ポストに入れられた1枚のチラシを見て「助かるかも…」と思い切って来院しました。

皆さんの感想通りでした。「来てよかった、助かった…」その日帰るときの感想です。

それから週2回通い、先生の温かい笑顔と「熱い」手に癒されお陰様で快方に向かってきました。

今後は先生にご指導いただいたことを家で続けながら笑顔で楽しい日々を送れるよう

努力していきたいと思っています。

本当にありがとうぎざいました。

※あくまで個人的な感想なので効果を保障するものではありません。

 

M.Hさま 65歳 主婦 女性 腰痛・股関節痛で来院さえれた患者さま

歩くのが楽に思えるようになりました。

スタッフの方の気配りがとても良いです。

 

歩くのが困難に成り複数の整骨院にお世話に。でも治療内容はほぼ同じ、治らないためあきらめるしか無かった。その後、新聞折り込み広告で先生を知り、もう一度と思い先生にお世話に成ってみようと。

先生は少し状態が良く成ると最初は一週間に二日が、一週間に一日家で出来るストレッチを指導して良心的です。今では少しづつですが歩くのが楽に思える様に成りました。

これからも気長にお世話に成ろうと思っています。

後になりましたがスタッフの方の気配りがとても良いです。

他の整骨院とは治療内容が違います。

今後共、よろしくお願い致します。

※あくまで個人的な感想なので効果を保障するものではありません。

 

Y.Nさん 70歳 無職 女性 歩きづらさで来院された患者様

症状について詳しくはこちら

変形性股関節症

関連記事