整体と整骨院や接骨院との違い(和歌山版)

あなたは、整体と整骨院・接骨院の違いって何なんだろう?と思ったことはありませんか?

整体や整骨院・接骨院に行ったことがある方でもその違いについては知らない方も多いのではないでしょうか?

 

整体院と整骨院・接骨院とは明確に違う点があるので、このページではそれについて和歌山で整体院をしている現役整体師がわかりやすく解説していきます。

 

整体とは?

そもそも整体院と整骨院・接骨院って何をしているところなのでしょうか?

まずは、整体とは何をしているところ何か?これから解説していきます。

 

整体とは、「手や足などの力を用いて骨格を矯正し、筋肉や内臓など各部のバランスを整えて、本来の状態に戻すこと。」とあります。(デジタル大辞泉引用)

 

更にわかりやすく言うと、施術者がお客様の体に手や足などを使い、体を整えることで何かしらの変化を与える事ともいえるでしょう。

 

整骨・接骨とは?

まず、接骨とは「折れた骨をつなぎ合わせたり、はずれた関節を元に戻したりすること。」で整骨は接骨の俗称としてそう呼ばれています。

接骨院や整体院は、厚生労働省が定める施術所のうち、柔道整復師が日本の伝統医学の1つである柔道整復術を行う施設で、各種法令では「柔道整復の施術所」と表現されるが、一般には「接骨院」と呼ばれることが多いです。

 

接骨院は、昔から「ほねつぎ」とも呼ばれ、骨折や脱臼などの施術を行ってきました。

そして接骨院・整骨院では、柔道整復師によって、骨・関節・筋・腱・靭帯などに加わる外傷性(ケガ)が明らかな原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」によって、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療を行っています。

 

整体と整骨院や接骨院との違いは?

整体と整骨院や接骨院との違いは、

・整体では保険に適応していないが、整骨院・接骨院では保険適応になる場合がある

・業務範囲が違う

大きくはこの2つでしょう。

 

・整体では保険に適応していないが、整骨院・接骨院では保険適応になる場合がある

整体は、保険に適応していませんが、厚生労働省の認可を受けた整骨院・接骨院では原因が明らかな急性の捻挫などの怪我に関してのみ保険の適応が許されています。
(保険適応な症状や状態かは、医師や柔道整復師の判断になります。)

 

・業務範囲が違う

整体は、先ほども述べたように「施術者がお客様の体に手や足などを使い、体を整えることで何かしらの変化を与える事。」であり、民間療法なので各整体院によって施術できる範囲が様々です。

 

整骨院や接骨院は、骨折や打撲、捻挫などの急性外傷が業務範囲(保険適応)で保険適応外として整体も行っている所もあります。

 

まとめ

整体や接骨・整体院などの治療院業界も時代の流れとともに、その垣根が徐々になくなり始め、特に一般利用者の方にはわかりづらくなっているのが現状です。

 

もしあなたが、整体院や接骨院・整体院で施術を受ける際には、保険適応なのか、施術適応範囲内の症状なのかを一度電話などで確認するといいでしょう。

 

和歌山で整体をお探しの方へ

和歌山は整体院や接骨・整骨院の数が他府県に比べても比較的多く、和歌山でどこの整体院に行こうか迷われる事もあるでしょう。

もし、あなたが治療院探しで迷われているなら、当院では和歌山市内からだけでなく新宮や白浜、田辺、御坊や有田からも来院されているので、一度当院の施術を受けてみて下さいね。

 

執筆者

和歌山 廣井整体院

廣井俊紀